調査プロジェクト実績(抜粋)

電子・機械

キーワード 調査タイトル 概要 実施時期
次世代自動車 電気自動車普及に伴うリチウムイオン電池の需要予測と各社製品の特徴・戦略調査 電動車(HEV、PHV、EV)の販売量増大に伴い、中核部品の一つであるリチウムイオン電池は今後大きな伸びが期待される。本調査は電動車・電池ビジネスの事業環境の現状・将来性を整理しながら車載電池事業における市場環境を把握し、電池メーカー各社のポジションや競争力を分析。さらに、各国の規制と販売量増加の相関、今後の主戦場や主要プレーヤーの抽出、2020年時点の完全予測も実施した。 2015
次世代自動車 次世代自動車におけるビジネスチャンス調査 世界各国の自動車メーカーが描く「次世代自動車」ビジョンを調査し、2020年までの関連サービス市場の展開を予測。次世代自動車から広がる、様々なビジネスチャンスを具体的に提案した。 2013
次世代自動車 東南アジア各国で「売れる」自動車の基本スペック調査 インド、タイ、インドネシアの3カ国を対象に、今後の売れ筋車種のスペックや価格を予測する事業策定支援調査。価格や販売数量等の定量データの徹底分析を実施して、今後の売れ筋となる自動車の基本スペック(車両タイプ、排気量、車両重量等)を明らかにした国際調査。 2013
次世代自動車 自動車業界のゴム製品市場とサプライチェーン調査 自動車業界における、タイヤを除くゴム製品市場状況とメーカーとの関連、全体のサプライチェーンを調査。特に後者では、ゴム製品提供メーカーごとに具体的なチェーン構造を明らかにした。 2013
次世代自動車 【調査レポート】
次世代モビリティ:普及シナリオと事業機会
主要スマートシティプロジェクトからモビリティ関連のキーワードや注目トピックを抽出し、成熟国と新興国の大都市および中小都市ごとに分析、4つのカテゴリーで各々5つのシナリオや仮説を策定。これらの全シナリオから見えてくる次世代モビリティの変化を大別すると、パワートレインの多様化(特に、電動化)、スマート化、サービス化の三つに収斂する。この三つの変化と20の仮説を裏付ける注目トピックやトレンドを解説した。 2012
次世代自動車 【調査レポート】
製造戦略から見たHV・PHV・EV動向と今後
電動車普及に向けては量産による低コスト化が優先課題の一つであり、一定の開発レベルで大規模量産を実現した者が市場の主導権を握る。そのため、電動車およびリチウムイオン電池サプライヤー各社の量産規模、注力度、当初計画と現状、市場影響力は注目する必要がある。本書では、主要自動車メーカーの電動車の製造戦略、および米国・欧州・アジア地域における販売市場・製造拠点の動向から、電動車市場の現状と将来動向を考察した。主要部品メーカー、材料メーカーの電動車戦略についても紹介。 2012
次世代自動車 【調査レポート】
自動車メーカーの電動車戦略・将来予測 2012-2013
本レポートは、@日本、米国、欧州、中国の市場動向、Aトヨタ、日産、GM、Ford、Renault、VW、現代、BYDなど完成車メーカーの製品戦略、B新たな運行管理サービスなどのスマート化、C電動車のキー部品である電池の管理技術といった四つの視点から、電動化によって大きく変わる自動車産業を分析・展望した。 2012
自動運転 次世代自動運転がもたらす人とモノの都市空間の未来予想図調査 自動運転の開発過程あるいは完全自律型自動車が街中を走りまわる世界において求められてくるであろう「人の住まう空間」「モノの流れ(次世代物流)」の未来予想図について、自動運転技術を開発する側、その技術を活用して事業化を狙う側、物流・建築に関わる側の有識者にヒアリングを実施し、近未来の都市空間予想図を描いた。 2016
自動運転 MMS(モービルマッピングシステム)関連の技術・市場調査 自動運転で必須とされる3次元地図を作製するMMSシステムに関する市場調査。自動車会社視点・デジタルマップ業界視点の自動運転周辺動向やGoogleをはじめ、企業のデジタルマップ戦略、テクノロジープロバイダーの企業別動向、レーダー&ライダー機器企業やGISシステム企業情報などを取りまとめ調査を行った。 2016
自動運転 【調査レポート】(協力)
世界自動運転プロジェクト総覧
自動車産業が、AIとセンサー、ビッグデータ、クラウド、IoT、ロボティクスなどの先端IT技術を最大限に活用して構築する、複雑で巨大な「モビリティサービス産業」へと大変貌を遂げる可能性が 高まっている。本レポートでは、自動運転の社会実装に向けた取り組みを推進する48のキープレイヤーと5つの共同プロジェクトを調査し、それぞれのビジョン、活動実績、提携・協業など、自動運転にかかわるファクトを厳選して抽出したデータを横断的かつ多面的に分析することで、自動運転社会の全体像と今後のビジネス展開のポイントをわかりやすく解説している。 2016
3Dプリンター 金属系3Dプリンターのビジネスモデル構築支援 米国で普及が始まった金属系3Dプリンターに興味を持つ企業を対象に、米国現地取材等を通じて用途別需要や個別エンジニアリング対応の必要性、金属粉末調達事情、サービスビューローの機能等を調査。最終的に、最も有効的な金属系3Dプリンターのビジネスモデル構築策定を支援した。 2015
ドローン ドローンを活用した農業支援サービス調査 農業分野におけるドローンの活用ニーズやアプリケーションの可能性、優先地域等について調査を実施。農業周辺事業者へのヒアリングから、短期・中期・長期の視点から農業ドローンの課題や連携策等を整理し、市場開拓に向けたロードマップを作製した。 2016
ドローン ドローン(リモート・センシング)の分野別市場規模と今後の適用分野予測 農業、漁業、プラント、鉱山、インフラ、産業設備等の7分野において、活用状況及びコスト、市場規模、活用法、今後の市場予測などを調査。うち4分野は世界市場、他は日本市場の状況である。 2015
ドローン 【調査レポート】(協力)
世界ドローン総覧
市場の拡大に合わせてベンダーの競争が激化し、製品がより洗練されていくことで、ドローンの性能は今後さらに飛躍的に高まる。そこで、日経BPクリーンテック研究所は、世界のドローンの製品ラインナップ、各国の取り組みを調査し、ドローンによる“空の産業革命”がどのように進展していくのか、今後のシナリオを含めてまとめた。 2015
センシング IoT(Internet of Things)がもたらすパラダイムシフトを加速させる新技術、新規プレーヤーの探索と、IoT時代に備えた組織体制の提言 1999年に提案されたIoTは、その後産業界を揺す振り続けるIoE、インダストリ4.0、インダストリアル・インターネットによる変革をもたらすことを意図された概念。今後のIoTの市場規模を自動車等の機械械関連分野において分析・予測し、IoTを加速させるAI活用のアナリティクス、非構造化データ処理といった技術動向も網羅した。同時に新規注目プレーヤを抽出しながら、IoTによるパラダイムシフトに対応していくための体制等の示唆も行った。 2015
センシング 社会インフラ保全のためのセンサー導入市場市場調査 社会インフラを橋梁(道路/鉄道)、道路(トンネル/舗装路面)、鉄道トンネル、上下水道、ガス(管/パイプライン)ビル、斜面等の分野に分類し、それぞれ導入されそうなセンサーの種類と数、金額から市場規模を予測。今後もっとも注力される社会インフラの「スマートメンテナンス」市場の規模を具体的に明らかにした。 2014
センシング 【調査レポート】(協力)
老朽化インフラ保全技術に関する動向調査
本レポートでは、電子デバイス・センサ技術、ICT関連等、最新の欠陥検知技術の動向を、導入事例と併せて概観。現状の技術の限界や現場のニーズ、さらに今後、保全市場の拡大が確実な国内だけでなく、インフラ建設が加速するアジア新興国への導入を踏まえて、ビジネス機会拡大の可能性のある技術を明らかにした。 2013
センシング IoT(Internet of Things)でリアルタイム性が要求される応用分野の特定と技術水準の考察 IoTの普及によって展開される多彩な新規サービスの中には、リアルタイム性が要求されるサービスが多数含まれてくるのは確実である。逆に言えば半導体メーカーにとって、こうしたms単位のリアルタイム性の要求を満たすハードやソフトの開発が極めて重要となる。本調査では、こうしたリアルタイム性が強い応用分野(例えば自動車のタイヤ制御等)を具体的に抽出し、それぞれにおいてレイテンシの現状および要求水準をいち早く把握した。 2014
センシング 「空気質センサー」市場拡大に向けた利用用途発掘調査 ポータブル化や測定制度向上が目覚ましい空気室センサー(主に大気中の二酸化炭素レベルを測定する機器)だが、一般的な用途はトンネル坑内の塵埃チェックなど可視化できるものはまだ少ない。本調査では出願された特許等を綿密に調べ、「宇宙ステーションでの活用」など全体で73の利用シーンを抽出し、分野やBtoB/BtoC、単体利用/複合利用といった側面で体系化。アイデアレベルではなく、技術的背景があり、かつ企業がアプローチし始めようとしている具体的な事例を明らかにした。 2014
照明技術 波長を応用するビジネスを全出願特許から分析した用途別徹底調査 紫外線〜可視光から赤外線の波長範囲において、 2020年までに実現可能と目される応用分野や用途候補の情報を、600近い特許等から、ほぼ網羅的に波長域別・機能別に情報を整理。同時に、今後特に有力・有望と思われる分野・用途候補の技術キーワードやコンセプトを抽出した。本調査はその後、各社の先行事例や先端技術開発動向調査に拡大した。 2014

ICT

キーワード 調査タイトル 概要 実施時期
IoT GIS(地理空間情報)分野に於ける事業機会調査 現在、3Dスキャナー/LIDARなどから得られたGIS/3次元地理空間情報を活用したサービス市場が拡大している。同時にこれらを機械の保守サービスへ応用させるなど用途開発も進んでいる。本調査では地理空間情報を活用した今後のサービス市場と主要なコアテクノロジーやキープレーヤーの調査を行った。 2016
IoT IoT(Internet of Things)がもたらすパラダイムシフトを加速させる新技術、新規プレーヤーの探索と、IoT時代に備えた組織体制の提言 1999年に提案されたIoTは、その後産業界を揺す振り続けるIoE、インダストリ4.0、インダストリアル・インターネットによる変革をもたらすことを意図された概念。今後のIoTの市場規模を自動車等の機械械関連分野において分析・予測し、IoTを加速させるAI活用のアナリティクス、非構造化データ処理といった技術動向も網羅した。同時に新規注目プレーヤを抽出しながら、IoTによるパラダイムシフトに対応していくための体制等の示唆も行った。 2015
IoT IoT(Internet of Things)でリアルタイム性が要求される応用分野の特定と技術水準の考察 IoTの普及によって展開される多彩な新規サービスの中には、リアルタイム性が要求されるサービスが多数含まれてくるのは確実である。逆に言えば半導体メーカーにとって、こうしたms単位のリアルタイム性の要求を満たすハードやソフトの開発が極めて重要となる。本調査では、こうしたリアルタイム性が強い応用分野(例えば自動車のタイヤ制御等)を具体的に抽出し、それぞれにおいてレイテンシの現状および要求水準をいち早く把握した。 2014
IoT 社会インフラ保全のためのセンサー導入市場市場調査 社会インフラを橋梁(道路/鉄道)、道路(トンネル/舗装路面)、鉄道トンネル、上下水道、ガス(管/パイプライン)ビル、斜面等の分野に分類し、それぞれ導入されそうなセンサーの種類と数、金額から市場規模を予測。今後もっとも注力される社会インフラの「スマートメンテナンス」市場の規模を具体的に明らかにした。 2014
IoT 【調査レポート】(協力)
老朽化インフラ保全技術に関する動向調査
本レポートでは、電子デバイス・センサ技術、ICT関連等、最新の欠陥検知技術の動向を、導入事例と併せて概観。現状の技術の限界や現場のニーズ、さらに今後、保全市場の拡大が確実な国内だけでなく、インフラ建設が加速するアジア新興国への導入を踏まえて、ビジネス機会拡大の可能性のある技術を明らかにした。 2013
IoT スマートメーターを核とした新事業のポジショニング戦略策定支援 スマートメーター(SM)を核とした新事業を展開するに当たり、ステークホルダーである電力会社、節電アグリゲータ、新電力企業に加え、企業間融通、海外電力会社の付加価値提供状況といった分野の状況とトピックスを取材・整理。今後、SMの提供を軸に事業していく際、それぞれの具体的なビジネス機会と想定される脅威を提示した。 2013
人工知能 世界各社のニューロチップ(ニューラルネットワーク)の技術開発状況から見る技術的可能性の実態調査 昨今の”ディープ・ラーニング”の盛り上がりで火が付いた人間の脳を模すニューロチップ(ニューラルネットワーク:NN)の世界的な開発状況と技術開発のベクトルを、実企業の活動調査をベースに様々な技術的角度から調査研究。欧米に比して日本企業が技術・ネットワーク面で大きく出遅れていることを明らかにすると同時に仮説と提言を打ち出し、日本の電機業界がNN開発で進むべき方向を打ち出した。 2015
人工知能 「人工知能」の最新動向調査 日米有力企業の人工知能開発動向と実用に入った領域等をサーベイしながら、適用分野と適用データ(自然言語、データ、画像、音声)をマトリックス化してアプリケーションを洗い出し、今後の人工知能と産業界の係りを明らかにした。 2015
i-Construction i-Construction市場調査 国土交通省が進める、土木建設分野での情報化施工に関する動向調査。3次元測量やICT建設機械・ドローンを活用した次世代土木工事の普及にむけた現状調査と将来の市場規模・普及時期・地域別普及予測などを調査した。 2016
医療・ヘルスケアICT 人工知能の医療応用に関する初期調査 人工知能の普及が、医療サービスや病院ビジネスにもたらす変革について調査分析。人工知能の適用領域・分野、将来的な持続可能性、医療従事者の受容性を抽出・整理し、普及および事業開発の推進に向けた課題を明らかにした。 2016
医療・ヘルスケアICT 【調査レポート】
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
ターゲットは高齢者の絶対数がピークとなる2025年。そこに向けて需要が急増する“医療連携支援”はICTに関わる企業にとっては大きなビジネス機会となる可能性が高い。本レポートは、ICTに期待する医療現場の生の声を拾い上げ、そこから得た共通の課題を抽出することで、ICTを活用した医療連携の成功要因を明らかにした。 2012
医療・ヘルスケアICT 【調査レポート】
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会(疾病予防・抗加齢編)
本レポートでは、ヘルスケア・サービスに特化した消費者調査を実施、その分析結果から、市場を牽引するターゲット層やヘルスケアを価値と認める潜在的なニーズの有無など、ヘルスケア・サービスを成り立たせるための要件を明らかにした。 2012
医療・ヘルスケアICT 【調査レポート】
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
本レポートでは、こうしたICTを駆使したヘルスケア産業立ち上げのシナリオと、今後5年以内に想定される10通りのヘルスケア利用シーンを提示、そこに向けた課題を明らかにした。 2012

環境・資源エネルギー

キーワード 調査タイトル 概要 実施時期
再生可能エネルギー バイオマス資源量調査 政府による再生エネルギー普及支援策等により、バイオマス原料を活用した各種プロジェクトが進行する中、バイオマス資源の確保が事業成立要件の1つとして注目されている。資源量や採算性等、複数の需給条件を定義し、グローバル地域別に調査を実施。資源供給能力を算出した。 2016
再生可能エネルギー 欧州バイオマス市場の各国別徹底調査 欧州を中心にバイオマス市場が拡大しているほか、バイオ燃料市場が北南米-欧州間で活発化していることを受け、バイオマス先進国である欧州の動向を規制を含めて各国ごとに調査。分野としてバイオマス発電とバイオ燃料市場のセグメントに分類して実施し、特に取り組みが大きく異なるドイツと英国の違いを浮き彫りにした。 2015
蓄電池 電気自動車普及に伴うリチウムイオン電池の需要予測と各社製品の特徴・戦略調査 電動車(HEV、PHV、EV)の販売量増大に伴い、中核部品の一つであるリチウムイオン電池は今後大きな伸びが期待される。本調査は電動車・電池ビジネスの事業環境の現状・将来性を整理しながら車載電池事業における市場環境を把握し、電池メーカー各社のポジションや競争力を分析。さらに、各国の規制と販売量増加の相関、今後の主戦場や主要プレーヤーの抽出、2020年時点の完全予測も実施した。 2015
蓄電池 【調査レポート】
蓄電池システムの有望ソリューションと普及戦略予測・分析
不動産ディベロッパや大手ハウスメーカーから「価格や容量など、少々問題があっても、試験的にでも何か採用したいのだが、電池ベンダーからキッチリとしたソリューション提案が少ない」という声が多数聞かれた。そうした定置用蓄電池ユーザーの声を反映し、定置用蓄電池ベンダーからユーザーへの仮想提案型ソリューションとして作成した。 2011
蓄電池 【調査レポート】
定置用蓄電池はどこまで使われるか
電力をためる用途で家庭やビルに置く定置用蓄電池はどこまで広がるのか。ユーザーにメリットはあるのか。こうした疑問に対する答えとして、「定置用蓄電池の普及に向けた10の仮説」を論点として掲げた。40社以上にわたる様々な立場の業界キーパーソンにヒアリングした生の声を基に、蓄電池の分散型電源としての新たな方向性を議論した。 2011
蓄電池 【調査レポート】
2015年に蓄電池業界はこうなる
新規参入も相次ぎ、蓄電池の市場動向、技術動向はますます混沌とする中、近い将来、果たしてどの電池メーカーが勝ち残るか、電池コストはどこまで下がるか、電池の構造や材料は何が主流になるか。 こうした疑問に対して独自の取材と視点により、キー・プレーヤ8社を重点的に分析、各社の戦略を基に将来の電池業界の行方を解き明かした。 2011
蓄電池 【調査レポート】
EVの普及と社会システムの変貌に潜む20の仮説
「環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像」の続編となる本レポートでは、前回レポート内容をベースに異業種キーパーソンとの意見交換およびアンケート調査を実施。EV普及の三つの課題(蓄電池の低コスト化、充電インフラの整備、人々の意識の変化)に対し、業界関係者のコメント、各種データを踏まえて徹底検証を行うことで、新たにEV普及に伴う20の仮説を構築した。 2010
蓄電池 【調査レポート】
環境・電池の技術ロードマップと利用シーンの将来像
“未来視点×生活者発想”に基づいて発想されたアイデアに、当社の技術視点を融合、街、家、クルマにおける25通りの電池の利用シーンを創造。中核を担うLiイオン電池については、5つの特性評価軸(高容量化、高出力化、低コスト化、安全性、高信頼性)で独自に仮説構築した技術ロードマップと照らし合わせ、各シーンの実現時期を予測した。 2009
電力自由化 スマートメーターを核とした新事業のポジショニング戦略策定支援 スマートメーター(SM)を核とした新事業を展開するに当たり、ステークホルダーである電力会社、節電アグリゲータ、新電力企業に加え、企業間融通、海外電力会社の付加価値提供状況といった分野の状況とトピックスを取材・整理。今後、SMの提供を軸に事業していく際、それぞれの具体的なビジネス機会と想定される脅威を提示した。 2013
スマートコミュニティ 【調査レポート】
スマートグリッドのビジネスモデル(北米編)
本レポートでは、スマートグリッド関連の新ビジネスで勢いづく北米のIT系新興企業の特徴や収益構造などを明らかにするとともに、そのビジネスモデルを分析した。 2011
スマートコミュニティ 【調査レポート】(協力)
世界スマートシティ総覧2012
世界スマートシティ総覧
世界のどの地域でどのようなスマートシティ・プロジェクトが動いているのか。技術を持つ日本企業は、この流れの中でどのように事業を作り上げることができるのか。本レポートでは、世界各地域から100のプロジェクトを選び出し、プロジェクトの目的と具体的な手段、特徴を調査しました。当社は、北米、欧州の調査、および日本の一部の調査を担当。 2011
2010
水資源 水資源に関する事業機会調査 気候変動に伴い、水不足が企業活動に与える影響が徐々に顕在化しつつある。本調査では、水資源の枯渇が社会・産業に与える影響や先進企業事例、関連技術・サービス動向を調査するとともに、有識者へのインタビューを通じて、「社会インフラ」「工業」「食糧・農業」の観点から今後の事業機会仮説を構築した。 2016

建築・建設

キーワード 調査タイトル 概要 実施時期
宇宙開発 次世代宇宙ビジネスにおける「衣食住」開発動向調査 大手民間企業・ベンチャーが参入して大きな拡大が見込まれている宇宙産業ビジネス。宇宙飛行士を含めた宇宙産業関連有識者にヒアリングを実施し、宇宙”旅行”・長期滞在型有人ミッションにおける宇宙居住空間内の在り方に関して取材し取りまとめた。 2016
リノベーション 高額な住宅リフォーム市場への異業種参入に向けた基礎調査 中古住宅(ストック)の良質で高額なリフォーム市場参入を目論む製造業に対し、市場規模の予測や住宅品質調査の世界的動向と用いられる技術等を調査。同時に、非住宅系製造業が、より高額な住宅リノベーション(リフォームの一つ)市場に参入するべき手法や連携・提携先の検討など、事業指針策定を支援した。 2015
インフラ保全 社会インフラ保全のためのセンサー導入市場市場調査 社会インフラを橋梁(道路/鉄道)、道路(トンネル/舗装路面)、鉄道トンネル、上下水道、ガス(管/パイプライン)ビル、斜面等の分野に分類し、それぞれ導入されそうなセンサーの種類と数、金額から市場規模を予測。今後もっとも注力される社会インフラの「スマートメンテナンス」市場の規模を具体的に明らかにした。 2014
インフラ保全 社会インフラ劣化防止に向けたICT企業群とインフラ企業のマッチング 複数のICT企業とともにキャラバン方式で各種インフラ施設保有企業、構造設計企業等のインフラ関連企業を訪問して意見交換。今後の社会インフラ劣化防止のためにインフラ業界が直面している課題・悩みをICT企業群と共有・議論することで、今後の社会インフラにおけるICT活用のための方策を探る一種のマーケティング調査兼初期営業支援(参画各社による研究会を通じた仮説立案に対する検証調査ベース)を実施した。 2014
インフラ保全 【調査レポート】(協力)
老朽化インフラ保全技術に関する動向調査
本レポートでは、電子デバイス・センサ技術、ICT関連等、最新の欠陥検知技術の動向を、導入事例と併せて概観。現状の技術の限界や現場のニーズ、さらに今後、保全市場の拡大が確実な国内だけでなく、インフラ建設が加速するアジア新興国への導入を踏まえて、ビジネス機会拡大の可能性のある技術を明らかにした。 2013
i-Construction i-Construction市場調査 国土交通省が進める、土木建設分野での情報化施工に関する動向調査。3次元測量やICT建設機械・ドローンを活用した次世代土木工事の普及にむけた現状調査と将来の市場規模・普及時期・地域別普及予測などを調査した。 2016
都市計画 鉄道駅・周辺再開発プロジェクト要素調査 鉄道駅及び近接再開発プロジェクトが加速の動きを見せている。実際のプロジェクトに係わった市場関係者と学識経験者にヒアリングを実施し、これからの駅周りのスペース有効活用や開発の在り方、現場・当事者が抱える諸課題について議論した。 2016
都市計画 2020年東京オリンピック/パラリンピックを契機とした変化とビジネス機会分析 2020年開催の東京オリンピック/パラリンピックを契機とした交通等の物理的インフラの変化に加え、ヒートアイランド対策や高齢化社会対応といった多様な社会的変革を調査。そこに発生するビジネスチャンスを明らかにした。 2014
欧州・北米 海外建設・建築関連企業の分野別ベスト5調査 欧米の著名建設・建設プロジェクトに係わる実力企業について、デザイン力や施工マネジメント力など複数の分野ごとに、独自の調査手法を用いてそれぞれのベスト5を抽出。並びに、各企業が過去、建築分野のどのような賞(AWARD)を受賞してきたかを調査し、相関関係を調べた。日本の建設・建築・設備等に係わる企業が海外展開する際の競合を浮き彫りにした事業展開支援である。 2015
インドネシア インドネシアの建設・建築分野動向と日本企業の参入状況調査 需要拡大が見込まれる東南アジア、特にインドネシアにおいて、日本企業の技術導入意向や求められる技術分野を調査。同国の概況から、先行した日本企業の受注手法、現地の地元企業の注力分野など、今後の新規参入・ビジネス拡大に向けた新たな仮説を立案。実際に、同国の建設業売上トップ5社の中から有力企業(複数)を選出し、新規市場動向・海外戦略企画部署関係者に対して現地ヒアリングを実施、仮説検証を行った。 2014
建築素材 特定樹脂素材の建築分野への応用調査 新たに開発された樹脂素材の販売マーケットとして建築分野を対象としながら、親和性が高いセグメントを抽出。建築業界要人へのデプスインタビュー等を通じて具体的な用途を明らかにするとともに、事業展開に向けて整理すべき点をまとめた。 2014
技術評価 建設・建築全技術分野に関する有識者認識調査 建設・建築に関する、躯体・構造から付帯設備、各設備エンジニアリングの技術開発状況、技術保有者の技術力評価の認識、社会的な意義・重要性について、学識経験者並びに開発関係者に対して大規模ヒアリング調査を実施した。10年以上継続実施している定点観測調査。 2016
広報戦略 大手建設業各社の「広報効果」の比較・分析 大手建設業者(ゼネコン5社)を対象として、各社の「広報の上手さ(下手さ)」を定量的に明らかにし、今後の広報戦略の改善を示唆した調査。各社の「広報効果」を日経BP刊行物への露出度、Webへの掲載本数等で定量的に比較・分析し、さらに各社に取材する立場の企業へのヒアリング等も踏まえながら、現在の広報姿勢、特徴や改善点などを明らかにした。 2014

生活・食品・農業

キーワード 調査タイトル 概要 実施時期
食品商品開発 水産品の健康機能性とマーケティングアプローチに関する調査 水産品の新たな食シーンを提案するに当たり、有識者ヒアリングおよび文献調査を通じて、「健康機能性」「消費者意識」「レシピ」「サステナブル対応」の観点から、水産品の付加価値向上につながる切り口を分析。具体的な商品開発案およびマーケティングアプローチ仮説を構築した。 2016
食品商品開発 機能性表示食品の商品開発支援 消費者向けの機能性表示食品の開発支援。消費者調査、メディア調査、文献調査を通じて、想定ターゲットや利用シーン、消費者潜在ニーズを分析し、商品コンセプトの受容性を評価。健康機能性を軸にした商品開発の方向性および市場投入に向けた示唆を提示した。 2016
食品商品開発 一般消費者向け食材の商品開発支援 消費者向けの新規加工食品の商品開発支援。市場トレンド、消費者調査、競合分析等による外部環境分析、ワークショップを通じた商品コンセプト開発により、具体的な実践策を提示した。調査手法には商品のファン、カテゴリーのユーザーをオンライン上で集め、擬似的な商品開発チームを構築、使い方やアイディアについて様々な視点で議論するリサーチコミュニティ(MROC手法)を採用した。加えて、同支援内容を、商品開発ガイドとしてマニュアル化した。 2014
機能性食品 機能性素材の市場活性化調査 健康機能性を訴求する様々な食品が登場しては消えていく中、一時のブームではなく、消費者の支持を獲得し、定番化するために必要なマーケティングアプローチおよび成功要因を抽出・検証した。エビデンスの評価とともに、独自のフレームワークで注目トレンドや競合事例を分析し、機能性素材の市場活性化に向けた施策を提言した。 2016
機能性食品 機能性素材トレンド調査 消費者およびエビデンス起点で機能性素材トレンドを調査分析。「ベジタブルファースト」「大麦」といったトレンドとその背景にあるエビデンスや消費者ニーズを読み解き、商品開発やマーケティングへの示唆を提供した。併せて、機能性表示食品の販促に向けたメディア施策について提言した。 2016
機能性食品 消費者視点で捉えた注目の食品素材と市場アプローチ手法の提示 健康美容分野の商品開発支援調査。製品の機能性と消費者ニーズ、外部環境を考慮しながら、消費者に分かりやすく伝わるトレンドキーワード創出の重要性を示唆。実際に、「抗酸化」など消費者認知度の高いキーワードを商品開発やマーケティングにどう埋め込んでいくかを具体的な流れで分析した。 2014
機能性食品 日本発の機能性食材の東南アジア販売展開支援 東南アジアでの健康志向の高まりを受け、現地ニーズを取り込んで日本の機能性食材の事業拡大を図るための基礎調査を実施。各国ごとの認証制度や健康課題、日本発食材との親和性や市場規模を検証し、複数の国内メーカーへのヒアリング結果を併せてマーテティング・アプローチを提案した。 2014
次世代農業 ドローンを活用した農業支援サービス調査 農業分野におけるドローンの活用ニーズやアプリケーションの可能性、優先地域等について調査を実施。農業周辺事業者へのヒアリングから、短期・中期・長期の視点から農業ドローンの課題や連携策等を整理し、市場開拓に向けたロードマップを作製した。 2016
次世代農業 「機能性農作物」のチャネル別市場規模予測と普及促進に向けた方策提言 健康食志向を背景に注目される「機能性農作物」の市場規模を明らかにするとともに、普及促進の方策(新マーケットの創出手法)を調査。対象は小売りや卸業者だけでなく、病院や薬剤師、独自DBから抽出した一般消費者まで多岐に及ぶ。調査終了時には、コンビニエンスストアや給食といったチャネル別の市場規模(総量、金額)を明らかにするとともに、普及のための方策を提言した。 2013
次世代農業 農業用設備の国内需要調査 国内の複数拠点を対象に、地域に合わせた施設設備や工作設備の需要を調査。前者ではベンチマーク作物の特定から、後者は生産者特製の分析からスタートし、ビジネス機会の仮説を作成した。 2014
インバウンド インバウンド関連事業機会調査 スマホやアプリの活用、地域インフラや小売りとの連携等を視野にインバウンド周辺の事業機会を調査。地方自治体や地域事業者等のヒアリングを中心に、旅マエ、旅ナカ、旅アトにおけるインバウンドビジネスの課題や取り組みを整理し、インバウンド需要を取り込むためのマーケティング施策を検討した。 2016
インバウンド 訪日インバウンド旅行者を現地でのマーケティングに活用するための初期調査 訪日インバウンド旅行者の情報収集傾向や来日時の行動特性などを調べ、帰国後のインフルエンサーとして活動してもらうための一次調査。有識者ヒアリングや国内企業へのインタビューをもとに、来日を起点として現地消費市場を取り込むためのマーケティング機能等を分析した。 2015
地方創生 「機能性農作物」のアジア進出支援 健康機能性を有する日本の農産品をアジア展開するに当たり、アジア消費者に対するグループインタビューおよび食のスペシャリストへのインタビューを通じて、農産品およびその加工食品に対する受容度・食経験等を明らかにし、アジア進出に向けた事業仮説を構築した。 2016
地方創生 ブランドを活用した地方創生ビジネスに関する初期調査 様々な課題や問題意識が指摘される地方創生ビジネスにおいて、ブランドはどのような貢献を果たすことができるのか?代表的な地域資源である「食」をテーマに、キーパーソンとのディスカッションを通じて、ブランドを活用した地方創生ビジネスのアイデアを抽出・整理。地方が取り組むべき事業の方向性を打ち出した。 2016
食品ロス削減 食品ロス削減に向けた関連市場の構造的仕組み顕在化調査 食品製造から小売りにいたるまでの流通過程における”もったいない”食品廃棄物の発生箇所・規模、構造的諸因について、各流通過程のステークホルダーに対してヒアリングを実施。食品ロスを削減するために必要な要素・アクションについて議論した。 2016

医療・ヘルスケア

キーワード 調査タイトル 概要 実施時期
再生医療 「再生医療」のビジネス展開に資する有用適応分野と可能性・課題に関する世界的規模の調査 再生医療のビジネス的展開を視野に、欧米における再生医療研究の主要かつ新規の適用分野を特定し、実用化に向けた道程を分析。具体的には、各細胞(幹細胞、iPS細胞等)の治療応用を中心に、疾患ごとに実用化レベルや臨床試験の進捗状況等を分析し、今後の適用可能性を検討した。分析フレームワークは米英全土にまたがり、実績のある研究者のネットワークをフル活用しながら調査を推進した。調査期間は複数年にわたる。 2015
異物混入 医薬品の製造工程における特定検査装置の市場ニーズ調査 特定の機能を持った検査装置が、医薬品の製造工程の中で異物混入等の検査に活用できるかどうかを市場調査。競合企業やメーカーへのヒアリングを通じ、市場規模や参入可能性を分析した。 2014
医療・ヘルスケアICT 人工知能の医療応用に関する初期調査 人工知能の普及が、医療サービスや病院ビジネスにもたらす変革について調査分析。人工知能の適用領域・分野、将来的な持続可能性、医療従事者の受容性を抽出・整理し、普及および事業開発の推進に向けた課題を明らかにした。 2016
医療・ヘルスケアICT 【調査レポート】
医療のICT活用、先行事例に見る成功の秘訣
ターゲットは高齢者の絶対数がピークとなる2025年。そこに向けて需要が急増する“医療連携支援”はICTに関わる企業にとっては大きなビジネス機会となる可能性が高い。本レポートは、ICTに期待する医療現場の生の声を拾い上げ、そこから得た共通の課題を抽出することで、ICTを活用した医療連携の成功要因を明らかにした。 2012
医療・ヘルスケアICT 【調査レポート】
デジタルヘルスケア、消費者価値に見るビジネス機会(疾病予防・抗加齢編)
本レポートでは、ヘルスケア・サービスに特化した消費者調査を実施、その分析結果から、市場を牽引するターゲット層やヘルスケアを価値と認める潜在的なニーズの有無など、ヘルスケア・サービスを成り立たせるための要件を明らかにした。 2012
医療・ヘルスケアICT 【調査レポート】
ヘルスケア産業はこうすれば立ち上がる
本レポートでは、こうしたICTを駆使したヘルスケア産業立ち上げのシナリオと、今後5年以内に想定される10通りのヘルスケア利用シーンを提示、そこに向けた課題を明らかにした。 2012

海外調査

キーワード 調査タイトル 概要 実施時期
蓄電池 電気自動車普及に伴うリチウムイオン電池の需要予測と各社製品の特徴・戦略調査 電動車(HEV、PHV、EV)の販売量増大に伴い、中核部品の一つであるリチウムイオン電池は今後大きな伸びが期待される。本調査は電動車・電池ビジネスの事業環境の現状・将来性を整理しながら車載電池事業における市場環境を把握し、電池メーカー各社のポジションや競争力を分析。さらに、各国の規制と販売量増加の相関、今後の主戦場や主要プレーヤーの抽出、2020年時点の完全予測も実施した。 2015
次世代自動車 次世代自動車におけるビジネスチャンス調査 世界各国の自動車メーカーが描く「次世代自動車」ビジョンを調査し、2020年までの関連サービス市場の展開を予測。次世代自動車から広がる、様々なビジネスチャンスを具体的に提案した。 2013
自動運転 【調査レポート】(協力)
世界自動運転プロジェクト総覧
自動車産業が、AIとセンサー、ビッグデータ、クラウド、IoT、ロボティクスなどの先端IT技術を最大限に活用して構築する、複雑で巨大な「モビリティサービス産業」へと大変貌を遂げる可能性が 高まっている。本レポートでは、自動運転の社会実装に向けた取り組みを推進する48のキープレイヤーと5つの共同プロジェクトを調査し、それぞれのビジョン、活動実績、提携・協業など、自動運転にかかわるファクトを厳選して抽出したデータを横断的かつ多面的に分析することで、自動運転社会の全体像と今後のビジネス展開のポイントをわかりやすく解説している。 2016
ドローン 【調査レポート】(協力)
世界ドローン総覧
市場の拡大に合わせてベンダーの競争が激化し、製品がより洗練されていくことで、ドローンの性能は今後さらに飛躍的に高まる。そこで、日経BPクリーンテック研究所は、世界のドローンの製品ラインナップ、各国の取り組みを調査し、ドローンによる“空の産業革命”がどのように進展していくのか、今後のシナリオを含めてまとめた。 2015
人工知能 世界各社のニューロチップ(ニューラルネットワーク)の技術開発状況から見る技術的可能性の実態調査 昨今の”ディープ・ラーニング”の盛り上がりで火が付いた人間の脳を模すニューロチップ(ニューラルネットワーク:NN)の世界的な開発状況と技術開発のベクトルを、実企業の活動調査をベースに様々な技術的角度から調査研究。欧米に比して日本企業が技術・ネットワーク面で大きく出遅れていることを明らかにすると同時に仮説と提言を打ち出し、日本の電機業界がNN開発で進むべき方向を打ち出した。 2015
再生可能エネルギー 欧州バイオマス市場の各国別徹底調査 欧州を中心にバイオマス市場が拡大しているほか、バイオ燃料市場が北南米-欧州間で活発化していることを受け、バイオマス先進国である欧州の動向を規制を含めて各国ごとに調査。分野としてバイオマス発電とバイオ燃料市場のセグメントに分類して実施し、特に取り組みが大きく異なるドイツと英国の違いを浮き彫りにした。 2015
スマートシティ 【調査レポート】
スマートグリッドのビジネスモデル(北米編)
本レポートでは、スマートグリッド関連の新ビジネスで勢いづく北米のIT系新興企業の特徴や収益構造などを明らかにするとともに、そのビジネスモデルを分析した。 2011
スマートシティ 【調査レポート】(協力)
世界スマートシティ総覧2012
世界スマートシティ総覧
世界のどの地域でどのようなスマートシティ・プロジェクトが動いているのか。技術を持つ日本企業は、この流れの中でどのように事業を作り上げることができるのか。本レポートでは、世界各地域から100のプロジェクトを選び出し、プロジェクトの目的と具体的な手段、特徴を調査しました。当社は、北米、欧州の調査、および日本の一部の調査を担当。 2011
2010
欧州・北米 海外建設・建築関連企業の分野別ベスト5調査 欧米の著名建設・建設プロジェクトに係わる実力企業について、デザイン力や施工マネジメント力など複数の分野ごとに、独自の調査手法を用いてそれぞれのベスト5を抽出。並びに、各企業が過去、建築分野のどのような賞(AWARD)を受賞してきたかを調査し、相関関係を調べた。日本の建設・建築・設備等に係わる企業が海外展開する際の競合を浮き彫りにした事業展開支援である。 2015
インドネシア 東南アジア各国で「売れる」自動車の基本スペック調査 インド、タイ、インドネシアの3カ国を対象に、今後の売れ筋車種のスペックや価格を予測する事業策定支援調査。価格や販売数量等の定量データの徹底分析を実施して、今後の売れ筋となる自動車の基本スペック(車両タイプ、排気量、車両重量等)を明らかにした国際調査。 2013
インドネシア インドネシアの建設・建築分野動向と日本企業の参入状況調査 需要拡大が見込まれる東南アジア、特にインドネシアにおいて、日本企業の技術導入意向や求められる技術分野を調査。同国の概況から、先行した日本企業の受注手法、現地の地元企業の注力分野など、今後の新規参入・ビジネス拡大に向けた新たな仮説を立案。実際に、同国の建設業売上トップ5社の中から有力企業(複数)を選出し、新規市場動向・海外戦略企画部署関係者に対して現地ヒアリングを実施、仮説検証を行った。 2014
インドネシア 日本発の機能性食材の東南アジア販売展開支援 東南アジアでの健康志向の高まりを受け、現地ニーズを取り込んで日本の機能性食材の事業拡大を図るための基礎調査を実施。各国ごとの認証制度や健康課題、日本発食材との親和性や市場規模を検証し、複数の国内メーカーへのヒアリング結果を併せてマーテティング・アプローチを提案した。 2014

マクロトレンド/技術ロードマップ

キーワード 調査タイトル 概要 実施時期
技術トレンド 2015年の技術開発テーマ「HOT 10」抽出と2020年以降の社会実装予測 2015年時点で日本の産学官が積極的に取り組んでいるテーマを、「ICT分析」「環境・資源・エネルギー」「マテリアル・デバイス」など10のテーマに分類。各テーマの最新の研究成果を掘り下げるとともに、2020時点での技術的達成度とマーケットを分析。最終的には、個々の分野技術が社会にどのような形で実装されるのかを予測した。 2015
技術トレンド 全産業10分野における技術トピック15を徹底分析 電気・機械から航空・宇宙、農林水産といった10の分野において、その年に登場・脚光を浴びた15の技術トピックを起点に、トレンドを徹底分析。Hadoopなど現在のサーバー分散フレームワークの主軸となる各社の技術開発動向など、最新トレンドを解明した。 2014
都市計画 2020年東京オリンピック/パラリンピックを契機とした変化とビジネス機会分析 2020年開催の東京オリンピック/パラリンピックを契機とした交通等の物理的インフラの変化に加え、ヒートアイランド対策や高齢化社会対応といった多様な社会的変革を調査。そこに発生するビジネスチャンスを明らかにした。 2014
地方自治体 自治体内の中小企業・団体の将来性診断と評価 国内自治体(県)内に拠点を置く指定された4企業・団体の将来性を、事業ミッションの明確性や施術・製品の優位性、市場のアクセプタンス度などの項目をもとに、項目別と総合を4段階で評価。競争力強化に向けた一次調査を実施した。 2014
お問い合わせ
このページの先頭へ